黒酢の効能・健康パワー

郷土自慢の逸品が揃う、南紀・熊野産直ショッピングモール

南紀熊野ええもん市場

南紀熊野ええもんブログ 地元情報やお得な特集・セール情報を発信しています!

>串本・那智勝浦・新宮のホテル・旅館の宿泊予約  
>本宮・川湯・渡瀬・熊野川のホテル・旅館の宿泊予約

黒酢の効能・健康パワー

メディアなどで多く取り上げられ、体に良いというイメージがすっかり定着した黒酢(くろず)。
南紀熊野ええもん市場でも、モンドセレクション最高金賞を受賞された那智 黒米寿黒にんにく黒酢昆布黒酢といった商品がありますが、どのように作られるのかや効果、注意点についてご存じでしょうか?

そもそも黒酢とは?

健康志向がますます高まる昨今、「身体にいい」と言われる食材への注目度は増すばかりです。
なかでも食酢の中の「黒酢」への関心は高く、以前に比べると外食のメニューに登場したり、スーパーなどでも購入しやすくなっています。

もともと酢自体が健康増進につながるという考え方は昔からありましたが、一般的な酢と黒酢の違いはあまり知られていません。
例えば、一般的な酢は米などが原料ですが黒酢には玄米が使われており、玄米を使用する割合はJAS規格(日本農林規格)で定められています。

また、黒酢と一般の酢で一番違うことは、アミノ酸の含有量の違いです。
普通の食酢ではアミノ酸含有量はせいぜい0.5%前後ですが、黒酢の中には2%近く含んでいるものもあります
黒酢は一般の穀物酢に比べると玄米原料として多く使用し、長い時間をかけて醗酵・熟成しているため、アミノ酸や有機酸、ビタミン・ミネラル類が豊富に含まれているのです。

黒酢の様々な魅力

様々な健康効果が期待されている黒酢ですが、なかでも「ダイエット効果」「高血圧予防効果」「血流改善効果」がよく話題に上ります。

1.ダイエット効果
黒酢には健康にとても良い成分が豊富に含まれていて、その中にクエン酸があります。
このクエン酸は身体のエネルギーを効率よく燃焼させてくれる働きを持っていて、基礎代謝を活発にしてくれます
基礎代謝が活発になることで脂肪燃焼に繋がり、ダイエット効果があると考えられているのです。

2.高血圧予防効果
血圧は身体の様々な要因が重なり合って、高くなったり低くなったりします。
血圧が上がる時に重要な役割を果たしているのが、「アンジオテンシン」という物質でⅠ~Ⅳまであります。
このアンジオテンシンがⅠからⅡに変化する時に血圧が上昇しますが、この時に働く物質を「アンジオテンシン変換酵素(ACE)」と言います。
黒酢にはこのアンジオテンシン変換酵素(ACE)を阻害する物質が含まれているため、血圧の上昇を抑制する効果があると考えられています。

3.血流改善効果
血流を悪くさせる理由としてあげられるのが、偏った食生活がもとで引き起こされる肥満・糖尿病・脂質異常症などです。
また、精神的ストレスや運動不足も血流に影響します。
黒酢に豊富に含まれるアミノ酸やビタミン・ミネラル類は、血液をサラサラにする効果や抗酸化作用が強く、血流を改善してくれます。

黒酢を使用する時の注意点

身体にとって嬉しい健康効果が期待できる黒酢ですが、引用する際に気を付けたいこともあります。

1.歯への影響
黒酢に含まれる酸は歯のエナメル質を溶かしてしまう可能性があるので、飲んだ後は歯磨きやうがいをすることです。
寝る前に飲んでそのまま寝ることは避けましょう。

2.濃度に注意すること
黒酢にはそのまま飲めるタイプと、希釈タイプがあります。
希釈タイプを濃い状態で飲むと胃腸への刺激が強すぎて、逆効果になる可能性があります。
どちらのタイプなのかを把握し、指示を守って飲むようにしましょう。

3.糖分に注意
黒酢の中には飲みやすいように甘みを付けてあるものや、糖分を多く含んだ黒酢ドリンクもあります。
糖分を取りすぎないように注意しましょう。

4.飲み過ぎに注意
どんな健康食材でも摂り過ぎは逆効果になる可能性が高いです。
目安の量の倍を飲んだからといって、効果が倍増することはありません。
使用上の注意をよく読んで適量を守りましょう。

黒酢は薬ではありません。
期待できる効果・効能を上手く利用して食生活に取り入れることを心がけましょう。

モンドセレクション最高金賞を受賞された那智 黒米寿や黒にんにく黒酢、昆布黒酢の丸正酢醸造元の販売ページはコチラ>>

  • 和歌山県推薦の優良特産品・名産品 プレミア和歌山特集

ページトップに戻る